キャッシングの定義とは?

 
キャッシングという言葉をよく耳にしますが、利用しない方からすればどういったものなのか詳しくわかるという方は、少ないのではないでしょうか。中には、キャッシングに対して、あまり良くないイメージを持っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。早い話が借金と同じですから、良くないイメージを持っているという方がいるのも何となくわかります。しかし、一般に言われるキャッシングはそんなに危険な物ではありませんし、適切に利用すれば問題ないものです。

キャッシングとは、金融機関から融資を受けることで、主に「短期間の借入期間」「高い金利」でお金を借りるというものを指すことが多いです。金融機関というと、様々なものがあります。代表例としては銀行があり、多くの融資を行っています。その他にも信販会社や消費者金融、クレジット会社など、多くの金融機関があり、キャッシングを行うことが可能となります。キャッシングの細かい条件等については各金融機関ごとに違いがあり、目的や自分の状況と合わせて、適切な金融機関にて融資を受ける必要があります。昔は、直接窓口やATMなどから申し込み、融資を受けることが多かったのですが、最近ではインターネットなどを使ってサービスを受けることもできるようになっており、お手軽さは以前よりも増しました。

キャッシング利用時の注意


CMなどでもさんざん注意されていることと思いますが、キャッシングの利用は計画的に行わないと大変なことになってしまいます。もちろん、何の考えもなしにキャッシングを使うという方はそうはいないでしょう。しかし、本人が計画的なつもりでも、実際には無理があるプランであるということも少なくありません。計画的にキャッシングしないと、返済が滞ってしまい、生活に大きな負担を強いることとなります。また、何とか返済できたというときにも、自分の経済状況はかなりキツイ状態になっていることがほとんどです。

借りたお金の返済については、キャッシングの返済方法でも詳しく解説をしています。